So-net無料ブログ作成

「オー・エム・シー」など捜索…出資法違反容疑(読売新聞)

 元本保証をうたって、会員制温泉リゾートクラブの預託金を不特定多数から不正に集めたとして、警視庁と静岡、兵庫県警などは26日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で、運営会社の「オー・エム・シー」(東京都中央区)や静岡県熱海市内の温泉ホテルなど数十か所の捜索を始めた。

 同庁などは、同社が事業を始めた2005年春以降、全国の会員約7000人から計約240億円の資金を集めたとみており、集金システムや使途の解明を進める。

 捜査関係者によると、同社などは07年7月〜09年9月、「預託金は5年後に全額返金する。損はさせない」などと元本保証をうたって、運営する会員制温泉リゾートクラブ「岡本倶楽部」の会員を募り、会員の男性ら7人から預託金計約3億7000万円を不正に集めた疑いが持たれている。

 同倶楽部の会員は入会時に100万〜1000万円の預託金などを払うと、熱海市など7県、11か所の温泉ホテルを2割引きで利用でき、毎年8万〜180万円分の宿泊券をもらえる。未使用の宿泊券は額面の60〜90%で換金でき、入会から5年後には預託金を会員に払い戻すとしている。

 同社は05年春から会員募集を始め、現在は第4次募集を実施中。集めた預託金は、温泉ホテルの買収や旅館再生事業などで運用していると説明しているが、昨年夏頃から未使用宿泊券の換金が滞るようになり、会員が同社などを相手に、預託金の返還などを求める民事訴訟を東京地裁や静岡地裁などに起こしている。

ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
両陛下、ハンセン病施設ご訪問(産経新聞)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
きょうから第49期十段戦本戦(産経新聞)

生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)

 【ナイロビ=安田幸一】10月に名古屋で開催される生物多様性条約締約国会議に向けた専門家会合が10日、ケニア・ナイロビの国連環境計画(UNEP)本部で開幕し、条約事務局は生物多様性の現状を評価した報告書「地球規模生物多様性概況第3版」を正式に発表した。

 多くの絶滅危惧(きぐ)種で絶滅のリスクがさらに増え、生物多様性の損失が続いていると指摘、「効果的な対策を打たなければ人類の未来は危うい」と警告している。

 報告書は生息地の破壊などで、地球上の両生類の3分の1、鳥類の7分の1が、絶滅または絶滅の危機にあると指摘、地球全体の絶滅危惧種の状況は悪化したと評価した。

 元々いなかった生物種が在来の生物を脅かす外来種の問題も深刻化し、大量生産に向いた特定種の普及で、家畜や農作物の遺伝的多様性も失われたとしている。

 保護地域の指定範囲や、生物多様性を守るための政府開発援助(ODA)などは好転したと評価したが、8年前に定められた「2010年までに生物多様性の損失速度を著しく減少させる」との世界目標は達成できなかったと判断した。

 報告書は国際的な合意に基づいて、重要な生態系や種を保護する明確な目標が必要と指摘。

 アフメッド・ジョグラフ条約事務局長は「目標が達成できなかったのは、各国政府が生物多様性を最優先課題と認識していなかったことが原因。名古屋会議では実効性のある新しい目標づくりが重要になる」と日本のリーダーシップに期待を表明した。

恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
徳之島3町長、鳩山首相に絶縁状「意味ない。もう会わない」(スポーツ報知)
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ(産経新聞)
「県内なら戦えぬ」与党系新人、出馬断念…沖縄(読売新聞)
将棋 羽生が38手目封じて1日目終了 名人戦第3局(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。