So-net無料ブログ作成

ドクさん 来日 結合双生児の兄の死、妻出産…人生を語る(毎日新聞)

 ベトナム戦争の終結から今月末で35年を迎えるのを機に、枯れ葉剤被害とみられる結合双生児として生まれたグエン・ドクさん(29)が24日、支援団体の招きで来日した。結婚、兄の死、妻の出産−−。この数年に経験した人生の喜びと悲しみを語るつもりだ。

 「大きな存在だったからとても悲しかった。自分の半分がなくなった気がした」

 ドクさんは24日朝、到着した関西国際空港(大阪府)で毎日新聞の取材に語った。兄弟で下半身がつながった「ベトちゃんドクちゃん」として知られ、88年に分離手術が成功。しかし07年10月、兄ベトさんは26歳で死去した。「(分離の際)部分的に体(臓器)をもらった。兄の分もしっかり生きないといけない」と話す。

 一方で新たな家族ができた。06年に妻テュエンさん(28)と結婚、09年10月には男女の双子が生まれた。男の子は富士山、女の子は桜にちなんだ名前を付け「日本は二番目の故郷。日越関係の懸け橋になれれば」と望む。

 来日はNPO法人「南大阪とアジアの平和友好のかけ橋」(大阪市)の招待で5月2日まで滞在。4月28日には午後6時半から大阪市立こども文化センターで講演会を開く。問い合わせは同NPO(06・4303・3379)。【田辺一城】

【関連ニュース】
選挙:気仙沼市長選 境氏が出馬表明 地域医療、福祉の充実を /宮城

市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
<アグネス・チャン>ソマリア視察を報告 ユニセフ議連総会(毎日新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)

<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)

 路上でスカウトした女性を風俗店で働かせたとして、警視庁保安課は19日、ファッションヘルス「JJクラブ」(東京都渋谷区)経営、吉野裕介容疑者(30)=渋谷区松濤2=ら風俗店4店舗の経営者や店長計4人を都ぼったくり防止条例違反(不法に勧誘された者の雇い入れ)容疑で逮捕したと発表した。同課によると、同条例を適用した店側の摘発は初めて。

 吉野容疑者の逮捕容疑は、スカウトグループの男(22)が渋谷区内の路上で勧誘した川崎市の女性(19)を09年11月から風俗店で働かせたとしている。吉野容疑者は「2年ぐらい前からスカウトを通じて約200人の女性を雇った」と容疑を認め、ほかの3人も認めているという。

 4店は女性が売り上げた金額の10〜15%をスカウトに支払っていた。同課はスカウトの男2人についても都迷惑防止条例違反容疑で書類送検する方針。【町田徳丈】

<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)

<八ッ場ダム>推進派現職が無投票当選…群馬・長野原町長選(毎日新聞)

 八ッ場(やんば)ダムの建設中止問題で揺れる群馬県長野原町で13日、任期満了に伴う町長選が告示された。立候補を届け出たのはダム推進派で現職の高山欣也氏(66)=無所属=だけで、無投票再選が決まった。ダム中止を掲げる民主党は対抗馬を立てず、夏の参院選の公認候補が高山氏の「必勝」を祈願する迷走ぶり。ただ、これを機にこう着したダム問題を解決に導きたいとの狙いもうかがえる。これまでと矛盾する民主党の動きに批判もあるが「地元の方を向き始めた」と歓迎する住民もいる。【奥山はるな】

 ◇民主、戦いを回避

 午前10時、高山氏の選挙事務所で始まった出陣式。参院選に民主党公認で立候補する現職の富岡由紀夫・同党群馬県連会長から1本の電報が届いていた。

 <最後の最後まで必勝にむけてご健闘されますよう心よりお祈り申し上げます>

 民主党県連は昨年12月、ダムが完成すれば湖の両岸を結ぶ「湖面1号橋」の建設中止を国土交通省に要望し、高山氏と全面対決したばかり。結局、前原誠司国交相が水没予定地区住民へのアンケートに基づき1号橋の建設継続を決めたが、両者の溝が埋まったとは言いがたい。電報の内容を知った高山氏の選対幹部は「手のひらを返したような対応だ」と失笑を漏らした。

 参院選群馬選挙区は激戦が予想される。今回、定数が2から1に削減され、富岡氏と自民党の中曽根弘文前外相の両現職が議席を争う構図になりそうだ。地元では富岡氏の行動を「票目当てでは」と批判する声もあるが、再選を決めた高山氏は事務所を訪れた富岡氏と握手を交わすと「針のむしろの中をあえて来てくれた」とたたえた。高山氏の選対委員長を務めた地元の温泉旅館組合の樋田省三組合長も富岡氏に歩み寄って名刺を交換。「今後もしっかりと話し合いたい」と伝えた。ダム推進派と反対派の間では、これまで見られなかった光景だった。

    ×

 町内では中央政党とは別に、立候補を模索する動きもあった。前回の町長選で、高山氏と一騎打ちの末に敗れた福嶋誠氏(58)は「ダムがなくても、希望のある町づくりはできる」をスローガンに出馬を検討。政策をPRするチラシまで印刷していた。

 3月中旬、福嶋氏は立候補に向けたあいさつをするため町長室を訪ねた。福嶋氏によると、この訪問を機に高山氏と計数回・10時間以上にわたって町の将来について話し合ったという。結局出馬を取りやめた福嶋氏は「ダム問題を『自分の手で決着したい』という高山氏の思いが理解できた」という。

 民主党の迷走や地元の話し合いの末にたどりついた無投票再選。その選択を支持する声はダム推進派だけでなく、中止派からも上がっている。

【関連ニュース】
国交省:組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施
個所付け:国補助の5ダムにほぼ満額交付 国交省
前原国交相:八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続
公共工事:個所付け 5補助ダムにほぼ満額交付
群馬・八ッ場ダム建設:「湖面1号橋」工事継続へ

9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
首相動静(4月18日)(時事通信)
鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)

仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)

 1万人規模の同時視聴を想定――。

 政府の行政刷新会議が23日から始める事業仕分け第2弾では、昨年11月の第1弾でのインターネット中継で、内閣府ホームページにアクセス(接続)が集中して接続障害が生じた反省から、当初から同時視聴可能な人数を1万人に設定することになった。

 7日に明らかになった運営方針によると、仕分け作業は2チーム同時並行で行い、各チームは4人の国会議員と、30〜40人程度選んだ民間の仕分け人の中から当日に都合のつく10人前後で編成。傍聴席は各チームごとに200〜300人分を用意する。

 会場は東京・日本橋と東京・西五反田の民間施設2か所をリストアップして最終調整中だ。事業仕分け前半では50前後の独立行政法人、後半は公益法人を対象とする。

債務残高比率「安定的に縮減」=財政健全化へ素案−国家戦略室(時事通信)
働く女性、7年ぶり減少=男性との賃金格差縮小−09年厚労省まとめ(時事通信)
放鳥トキ、初の産卵 環境省が確認(産経新聞)
財務副大臣「あれもこれもは…」公約の修正示唆(読売新聞)
ラフでスイング、着火!ゴルフ場900平方m焼く(読売新聞)

校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)

 宮崎県日向市立幸脇(さいわき)小学校(19人)の運動場にミカンの苗木約130本が植えられた問題で、県警日向署は6日、苗木を植えた同市幸脇、無職福田究(きわむ)容疑者(59)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 発表によると、福田容疑者は3月19日午後5時頃から同22日午後7時頃までの間、重機やスコップを使って同小の運動場(約2000平方メートル)の約130か所に穴を掘り、苗木を植栽。運動場が使用できないようにして学校の業務を妨害した疑い。

 調べに対し、福田容疑者は「自分の土地に植えて何が悪い」と供述しているという。同署は、福田容疑者と一緒に苗木を植えていた知人3人についても容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 同小は同26日、福田容疑者らが無断で運動場に苗木を植えたとして同署に被害届を提出。翌27日には、同市教委の職員が同署員立ち会いのもと、苗木を撤去していた。

 不動産登記簿によると、学校敷地内の土地の一部は福田容疑者の父が所有者となっている。福田容疑者は「うちの土地だ」として市教委に買い取りを求めていたが、市教委は「市側は大正時代に男性の父から土地を購入している。何らかの理由で所有権移転の登記をしていなかっただけだ」と主張し、所有権を争っていた。

 捜査関係者によると、福田容疑者は年間数百円の固定資産税を支払っていたという。

 逮捕を受け、同小の島田尚人校長は「今でも運動場には、苗木を掘り返した際の黒い土が残っている。二度とこんなことがないようきちんと所有権の問題を解決したい」と話している。

姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
<若林元農相>議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
外国人参政権 今国会議員立法 小沢氏「無理だ」(産経新聞)
<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)

鳩山首相と小沢氏が会談=政権運営で意見交換(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日夜、京都市内で民主党の小沢一郎幹事長と会談した。財源確保が焦点となっている党の参院選マニフェスト(政権公約)などの懸案を含め、当面の政権運営について意見を交わす見通しだ。
 会談には、民主党を野党時代から支えてきた稲盛和夫内閣特別顧問(日本航空会長)が同席した。夏の参院選に向けて政府と党の結束をアピールする狙いもありそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故

給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初−岡山県(時事通信)
市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が指示(読売新聞)
980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)
子供の口周りで気になるのは虫歯(産経新聞)
<訃報>原田俊夫さん89歳=早大名誉教授、元白鴎大学長(毎日新聞)

自殺「月初め多い」3月1日は最少日の2・5倍(読売新聞)

 内閣府と厚生労働省は30日、2004年以降の自殺者の傾向や地域別データの分析結果を公表した。

 月曜日に自殺者が多いことはこれまでも指摘されていたが、月初めも多いことなどが判明。また、都市部では若者の、地方では高齢者の自殺が目立っていた。年間自殺者が12年連続で3万人を超える中、内閣府は「自治体などが地域の実情に応じた対策を取るための資料にしてほしい」としている。

 警察庁と厚労省の統計を基に分析。04〜08年の日別の平均自殺者数は「3月1日」が138人で最も多く、最少だった「12月30日」(55・2人)とは2・5倍の開きがあった。月初めは総じて自殺者数が多く、年末年始や土日祝日は少なかった。曜日別では、月曜が92・8人で最多、土曜が70・7人で最少だった。月別では、3月に被雇用者、5月に失業者の自殺が多かった。

 地域別では、東京都は20〜40代の被雇用者が多く、秋田県では50代や70代以上の自営業者が多いなどの傾向があった。内閣府は、分析結果や地域別データを順次ホームページに掲載する。

 東京自殺防止センター(03・5286・9090、午後8時〜午前6時、火曜は午後5時から)などの相談窓口は、NPO法人・自殺対策支援センターライフリンクのサイト「ライフリンクDB」に掲載されている。

<雑記帳>豚料理ナンバーワン…前橋で「T−1グランプリ」(毎日新聞)
非日常を身近に体験…東京湾の工場夜景(読売新聞)
橋下新党「大阪維新の会」の構想案が判明(産経新聞)
<自民幹事長>郵政改革法案は時代に逆行 参院選の争点だ(毎日新聞)
<さい帯血バンク>宮城のNPO法人が経営危機(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。